次世代型商店街形成支援事業費補助金(宮城県)

助成事業者宮城県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業新規事業・製品開発等、運転資金・その他活動費等、開業
内容宮城県では、次世代を見据えた持続的で発展的な商店街の構築を図ることを目的に、商店街団体等が、将来像を描きながら行う商店街等活性化事業を支援いたします。 補助対象事業 (1)ビジョン形成 商店街を取り巻く環境の変化を踏まえた商店街ビジョン(将来像、目指す姿)を策定する事業 (2)課題解決 商店街のビジョンを踏まえた商店街が抱える課題を解決するために行う事業  ※課題解決は商店街ビジョンが策定されていることが申請の条件となります。
地域宮城県
助成対象団体NPO、任意団体・ボランティア、法人(株式会社等)、社会福祉法人
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、就労定着支援、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、放課後デイ・児童発達支援、老人ホーム・グループホーム、自立訓練(生活訓練)、訪問介護・訪問看護等(その他訪問系サービス)
分野その他、ひきこもり、児童、医療、地域、環境、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病、高齢
応募資格・対象者地域商店街で活動を行う任意団体、法人等
最大助成金額300万円
対象費用人件費、地代家賃、広告宣伝費、活動費、設備投資費、雑費
応募受付開始日2022年04月01日
応募期限・締切日2023年06月23日
申請方法・書類規定に沿った要望書を提出
募集要項詳細ページhttps://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syokokin/zisedai.html
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金