秋田県えるぼしチャレンジ支援金(秋田県)

助成事業者秋田県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業コスト削減(水道光熱費・エネルギー・備品等)、人材(雇用・人件費削減等)、運転資金・その他活動費等
内容県内の女性活躍推進を図るため、秋田県えるぼしチャレンジ企業認定制度要綱に基づく認定を取得した、えるぼしチャレンジ企業に対して、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(平成 27 年法律第 64 号。以下「女活法」という。)第9条に規定に基づく認定(以下「えるぼし認定」という。)の取得に向けた取組を支援することにより、女性が個性と能力を発揮できる職場づくりの推進を図ることを目的とする。
地域秋田県
助成対象団体NPO、法人(株式会社等)、社会福祉法人
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、就労定着支援、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、放課後デイ・児童発達支援、老人ホーム・グループホーム、自立訓練(生活訓練)、訪問介護・訪問看護等(その他訪問系サービス)
分野その他、ひきこもり、児童、医療、地域、環境、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病、高齢
応募資格・対象者秋田県えるぼしチャレンジ企業認定制度に基づく認定を取得した企業等(えるぼしチャレンジ企業)
最大助成金額50万円
対象費用その他雑費、人件費、外注費、設備投資費、謝金(研修等)
応募受付開始日2023年04月01日
応募期限・締切日2025年12月31日
申請方法・書類 申請書に次の書類を添付し、次世代・女性活躍支援課までメール又は持参してください。 ① えるぼし認定の取得に向けた取組実施計画書(要領様式第1号)     ② ①に定める計画の実施に係る予算の根拠となる資料(見積書の写し等) ③ その他知事が必要と認める書類  補助事業終了後、提出のあった実績報告書を審査した上で支援金を交付します。
募集要項詳細ページhttps://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/64701#%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金