地域課題解決型起業支援事業(茨城県)

助成事業者茨城県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業新規事業・製品開発等、開業
内容茨城県では、県内で抱える地域課題の解決を目的に新たにデジタル技術を活用して起業する者及びSociety5.0関連業種等の付加価値の高い産業分野での事業承継又は第二創業をする方に対し、起業支援金の支給と伴走支援を実施しています。
地域茨城県
助成対象団体NPO、任意団体・ボランティア、個人事業主、法人(株式会社等)、社会福祉法人
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、就労定着支援、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、放課後デイ・児童発達支援、老人ホーム・グループホーム、自立訓練(生活訓練)、訪問介護・訪問看護等(その他訪問系サービス)
分野その他、ひきこもり、児童、医療、地域、環境、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病、高齢
応募資格・対象者(1)新たに起業する場合 ①国の交付決定日以降、補助事業期間完了日までに個人事業の開業届出、又は、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社、企業組合、協業組合、特定非営利活動法人等の設立を行い、その代表者となる者であること。(国の交付決定日より前に既に設立されている法人、あるいは開業届出がなされている個人事業主は対象外。ただし、既存事業とは異なる新たな事業を行う法人等の設立、あるいは新たに開業届を行う者は対象。) ②茨城県内に居住していること、又は、補助事業期間完了日までに茨城県内に居住することを予定していること。 ③個人事業の開業届出、又は、法人の登記を茨城県内で行う者であること。 ④法令順守上の問題を抱えている者ではないこと。 ⑤申請を行う者、又は、設立される法人の役員が、暴力団等の反社会的勢力又は反社 会的勢力との関係を有する者ではないこと。 ⑥茨城県税を滞納していないこと。 ⑦みなし大企業でないこと。 (2)事業承継又は第二創業をする場合 ①国の交付決定日以降、補助事業期間完了日までに Society5.0 関連業種等の付加価値の高い産業分野での、地域課題の解決に資する社会的事業に関する事業を、事業承 継、又は、第二創業により実施する個人事業主若しくは株式会社、合同会社、合名会社、合資会社、企業組合、協業組合、特定非営利活動法人等の代表者又は事業を承継する者であること。 ②茨城県内に居住していること、又は、補助事業期間完了日までに茨城県内に居住することを予定していること。 ③事業承継又は第二創業により新たに実施する事業を茨城県内で行う者であること。 ④法令順守上の問題を抱えている者ではないこと。 ⑤申請を行う者、又は、設立される法人の役員が、暴力団等の反社会的勢力、又は、反社会的勢力との関係を有する者ではないこと。 ⑥茨城県税を滞納していないこと。 ⑦みなし大企業でないこと。 ※「国の交付決定日」ついては、国からの正式な通知は5月中旬を想定しています。 決定の通知があり次第、茨城県及び当機構の HP でお知らせします。ご不明な点があれば、茨城県又は当機構までご連絡ください。 茨城県:https://www.pref.ibaraki.jp/shokorodo/sangi/chiikikadai.html 当機構:https://www.iis-net.or.jp/page?kind=sougyou
最大助成金額199万円
対象費用その他雑費、人件費、地代家賃、外注費、広告宣伝費、旅費交通費、活動費、設備投資費、調査研究費、謝金(研修等)
応募受付開始日2023年04月25日
応募期限・締切日2023年06月02日
申請方法・書類所定の様式で提出
募集要項詳細ページhttps://www.pref.ibaraki.jp/shokorodo/sangi/05chiikikadai04.html
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金