とちぎの文化の新たな魅力創造・発信助成事業(栃木県)

助成事業者栃木県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業イベント・セミナー等、運転資金・その他活動費等
内容 「栃木県文化振興基金」を活用し、文化振興基本計画(第2期)に基づく「とちぎの文化の新たな魅力創造・発信事業」を推進するため、文化観光(※)をはじめとする文化芸術と他分野との連携推進や先進事例の横展開に取り組む活動を募集します。 【 助成対象事業】 文化芸術と他の関連分野(観光、まちづくり、産業等)が連携し、地域の文化資源の磨き上げやとちぎゆかりのアーティストの活躍の場を広げること等により、とちぎの新たな魅力を創造・発信し、地域活性化に繋げていく事業が対象となります。 【例】〔文化財 × 観光 × 食文化 × 音楽〕 ・文化財を活用した会場での、地元産の食材、地元の音楽家を手配したイベントの開催〔文化財 × 伝統芸能 × 観光〕 ・歴史的建造物を会場に伝統芸能の発表会を開催するほか、近隣の文化財や史跡などを巡る周遊ツアーの開催〔アート × 農林業〕 ・森林や竹林での音楽祭やインスタレーション展示〔アート × 観光〕 ・町全体を使ったアートイベントによる観光誘客・周遊促進事業〔アート × 産業 × 観光〕 ・採掘場等を活用した音楽イベントや芸術作品の展示
地域栃木県
助成対象団体
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、就労継続支援A型、就労継続支援B型
分野その他、ひきこもり、地域、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病
応募資格・対象者助成対象者は、次の(1)及び(2)の条件を満たす団体とします。 ※市町等、地方公共団体は除きます(実行委員会に構成員として参加する場合は可) ※市町等から運営費等に充てる恒常的な補助金等を受けている団体は、助成対象外となる場合があります。詳しくは、県民文化課にお問い合わせください。 (1) 県内に活動拠点があること。 (2) 代表者が明らかで、定款や規約などを有しており、会計経理が明確で事業を完遂できる見込みがあること。
最大助成金額99万円
対象費用その他雑費、人件費、会場費、外注費、活動費、調査研究費、謝金(研修等)
応募受付開始日2023年01月01日
応募期限・締切日2023年03月31日
申請方法・書類所定の様式で提出
募集要項詳細ページhttps://www.pref.tochigi.lg.jp/c10/education/bunka/geijyutsu/bunkasinkoukikin_miryokusouzou.html
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金