フードバレーとちぎ農商工ファンド活用助成事業(栃木県)

助成事業者栃木県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業イベント・セミナー等、新規事業・製品開発等、運転資金・その他活動費等
内容本助成事業は、フードバレーとちぎ農商工ファンドの運用益を活用し、県内中小企業者等と県内農林漁業者との連携体が行う県産農産物等を活用した新商品等開発や販路開拓 のための様々な取組に対し、その経費の一部を助成することで、農業者や食品製造業をはじめとする食品関連産業の活性化を図ることを目的としています。 【助成対象事業】 県産農産物等を活用した新商品・新役務の実用化に向けた市場動向調査、試作品開発、その他研究開発に要する経費への助成。(市場動向調査単独では不可。) 【採択基準】 下記の採択基準に掲げる観点をもとに県の政策(いちごの活用、関西圏への販路開拓、園芸大国とちぎづくり、農産物の海外輸出、第4次産業革命、とちぎ SDGs 推進企業登録制度)を踏まえ、総合的に評価し、充足度の高いものから予算の範囲内で採択する。 (1) 農商工連携による効果的な取組であること。 (2) 事業内容において販路開拓に向けた位置づけ等が明確になっていること。 (3) 計画的であり、かつ実現性が高いこと。 (4) 助成事業の実施体制及び管理体制が十分であること。 (5) 連携するそれぞれが、工夫を凝らした内容となっていること。
地域栃木県
助成対象団体NPO、法人(株式会社等)、社会福祉法人
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、就労定着支援、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型
分野その他、ひきこもり、地域、環境、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病
応募資格・対象者(1)中小企業者(農林漁業者を除く。)と農林漁業者との連携体 (2)自ら事業を行うNPO法人等の中小企業者以外の者と農林漁業者との連携体
最大助成金額300万円
対象費用その他雑費、外注費、広告宣伝費、設備投資費、調査研究費、謝金(研修等)
応募受付開始日2023年08月24日
応募期限・締切日2023年09月28日
申請方法・書類所定の様式で提出
募集要項詳細ページhttps://www.pref.tochigi.lg.jp/f01/work/shoukougyou/sesaku/r5nousyoukoufand_nijibosyu_fv.html
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金