5G活用研究開発等支援補助金募(岡山県)

助成事業者岡山県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業コスト削減(水道光熱費・エネルギー・備品等)、新規事業・製品開発等、運転資金・その他活動費等、開業
内容アフターコロナを見据え、5Gオープンラボ等を活用して行う、IoT 時代の先進かつ重要な通信基盤となる5Gを活用した IoT 技術等の研究開発又は当該研究開発を行うために必要 となる実証実験、試作研究等を行う県内中小企業者の当該経費の一部を補助することにより、生産性の向上や新たな価値・サービスの創出を図るとともに、当該モデルの横展開による県 内企業のデジタル化の促進と疲弊した県内産業の回復、底上げを図る。 【補助対象事業】 5Gオープンラボ等を活用して行う、5Gを活用した IoT 技術等の研究開発又は当該究開発を行うために必要となる実証実験、試作研究等 ※当該取組が、先進技術活用による新たな価値・ビジネス創出の取組のモデルとして、他の県内企業へ波及効果をもたらすと期待されるもの
地域岡山県
助成対象団体NPO、法人(株式会社等)、社会福祉法人
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、就労定着支援、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、放課後デイ・児童発達支援、老人ホーム・グループホーム、自立訓練(生活訓練)、訪問介護・訪問看護等(その他訪問系サービス)
分野その他、ひきこもり、児童、医療、地域、環境、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病、高齢
応募資格・対象者5Gを活用したIoT技術等の研究開発等を行う中小企業者
最大助成金額100万円
対象費用その他雑費、外注費、活動費、設備投資費、調査研究費
応募受付開始日2023年04月17日
応募期限・締切日2023年10月31日
申請方法・書類所定の様式で提出
募集要項詳細ページhttps://www.pref.okayama.jp/page/849296.html
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金