看護師の特定行為研修及び認定看護師受講に係る補助金(栃木県)

助成事業者栃木県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業人材(雇用・人件費削減等)
内容栃木県では、認定看護師養成や特定行為研修受講を促進するため、医療機関等を対象として、看護師の認定看護師教育機関への派遣や特定行為研修機関への派遣に対し助成を行います。 【補助概要】 1 認定看護師 (1)交付対象 認定看護師教育機関に職員を派遣する病院、診療所、訪問看護ステーション等 (2)対象経費 認定看護師の資格取得に係る教育課程の受講に要する経費 入学金、授業料(受講料)、交通費等諸経費 (3) 補助内容 ○ 入学金、授業料(受講料)の2分の1(上限1名あたり40万円) ○ 交通費等諸経費(上限1名あたり10万円) ○ 代替職員の人件費(感染管理に限る)の2分の1(上限1名あたり100万円) 2 特定行為研修 (1)交付対象 特定行為研修機関に職員を派遣する病院、診療所、訪問看護ステーション等 (2)対象経費 特定行為研修の受講に要する経費 ① 入講料及び共通科目受講料 ② 区分別科目受講料 ③ 受講期間中の代替職員に係る人件費 (3)補助内容 ① 入講料及び共通科目受講料の2分の1(上限1名あたり20万円) ② 区分別科目受講料の2分の1(上限1名あたり30万円) ③ 代替職員の人件費(訪問看護ステーションに限る)の2分の1(上限1名あたり100万円) 3 特定行為研修指導者講習会 (1) 交付対象 当該年度に上記2の申請を行い、特定行為研修指導者講習会に職員を派遣する 病院、診療所、訪問看護ステーション (2)対象経費 特定行為研修指導者講習会の受講に要する経費 (3)補助内容 通信研修及び集合研修受講料の2分の1(上限1名あたり3千円)
地域栃木県
助成対象団体NPO、法人(株式会社等)、社会福祉法人
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、放課後デイ・児童発達支援、老人ホーム・グループホーム、訪問介護・訪問看護等(その他訪問系サービス)
分野その他、ひきこもり、児童、医療、地域、環境、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病、高齢
応募資格・対象者県内の医療機関等が、その勤務する看護職員の認定看護師の資格取得、特定行為研修の受講及びその勤務する医療関係者の特定行為研修指導者講習会受講を促進する事業とする。ただし、当該資格取得に係る教育課程、当該特定行為研修及び当該特定行為研修指導者講習会については当該年度に修了するものに限る
最大助成金額100万円
対象費用その他雑費、人件費、謝金(研修等)
応募受付開始日2023年04月01日
応募期限・締切日2023年11月17日
申請方法・書類所定の様式で提出
募集要項詳細ページhttps://www.pref.tochigi.lg.jp/e02/kango/ninteikangosiyouseisientoujigyou.html
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金