宮城県サテライトオフィス設置推進補助金(宮城県)

助成事業者宮城県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業新規事業・製品開発等、運転資金・その他活動費等、開業
内容宮城県は、本県への新たな人の流れをつくることを通じた地方創生の推進を図るため,テレワークの実施場所を県内に設ける企業・大学及びその職員に対し,サテライトオフィスの設置等に係る経費 について,予算の範囲内において宮城県サテライトオフィス設置推進補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし,その交付等に関しては,補助金等交付規則(昭和51年宮城県規則第36号。 以下「規則」という。)に定めるもののほか,この要綱の定めるところによる。
地域宮城県
助成対象団体NPO、任意団体・ボランティア、個人事業主、社会福祉法人
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、就労定着支援、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型
分野その他、ひきこもり、児童、医療、地域、環境、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病、高齢
応募資格・対象者テレワークの実施場所を新たに宮城県内に設ける対象企業、対象大学(法人)及びそれらの正職員(個人)
最大助成金額14万円
対象費用地代家賃
応募受付開始日2023年04月01日
応募期限・締切日2024年01月31日
申請方法・書類申請書等を所定の様式で提出
募集要項詳細ページhttps://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sinkou/satelliteoffice-setup.html
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金