千葉県次世代自動車インフラ導入費補助金【中小事業者等向け】(千葉県)

助成事業者千葉県
資金タイプ補助金
概要・補助対象事業コスト削減(水道光熱費・エネルギー・備品等)、運転資金・その他活動費等
内容県では、中小事業者や創業者、組合等(以下、「中小事業者等」という。)の脱炭素化への取組を支援するために、中小事業者等が県内に所在する事務所や事業所において、次世代自動車のインフラ整備に資する設備導入に対し、「千葉県次世代自動車インフラ導入費補助金」を交付します。※次世代自動車とは、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車をいいます。 【補助対象事業】 補助金の対象となるのは、県内の事務所又は事業所において実施する、次世代自動車のインフラ整備に資する設備等を導入する下記の事業等です。 (1)蓄電池の設置 自らが設置する又は設置した再生可能エネルギー供給設備(太陽光パネル等)で発電した電力を蓄電する設備の設置 (2)燃料等供給設備の設置 電気自動車、プラグインハイブリッド自動車及び燃料電池自動車に係る燃料等供給設備の設置(普通・急速充電設備等) (3)V2H充放電設備の設置 電気自動車、プラグインハイブリッド自動車及び燃料電池自動車に係るV2H充放電設備の設置 (4)外部給電器の導入 電気自動車、プラグインハイブリッド自動車及び燃料電池自動車に係る外部給電器の導入
地域千葉県
助成対象団体NPO、法人(株式会社等)、社会福祉法人
主に対象となる福祉施設その他社会事業等、就労定着支援、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、放課後デイ・児童発達支援、老人ホーム・グループホーム、自立訓練(生活訓練)、訪問介護・訪問看護等(その他訪問系サービス)
分野その他、ひきこもり、児童、医療、地域、環境、障害(知的)、障害(精神)、障害(身体)、難病、高齢
応募資格・対象者(ア)県内で事業活動を営んでいる中小事業者等 (イ)(ア)の中小事業者等に設備の賃貸しを行うリース事業者 ※インフラを導入する事務所又は事業所に、太陽光発電設備の併設が必要です。
最大助成金額25万円
対象費用設備投資費
応募受付開始日2023年06月01日
応募期限・締切日2023年12月28日
申請方法・書類所定の様式で提出
募集要項詳細ページhttps://www.pref.chiba.lg.jp/ontai/hojo/infra-hojo-index.html
監修者

トキタ行政書士事務所代表 鴇田 光晴。成蹊大学卒業。重度重複の障害者入所施設、児童発達支援や放課後等デイサービスでの勤務を経て行政書士として開業。加算や開業支援等、現場での経験を活かした実践的なサポートを提供しています。

トキタ行政書士事務所へ相談する→
補助金・助成金
福祉の補助金・助成金